徴候および症状

Sarkomtitel Knie残念ながら、悪性骨腫瘍はかなり長い間症状が現れない場合があるため、見過ごされる可能性があります。症状がある場合は、腫瘍のある部位によって症状が異なります。ほとんどの場合、患者には以下の症状が現れます。

  • 腫瘍のある部位の痛みまたは腫れ。痛みは、必ずしも永続的ではありません。初めは現れたり消えたりし、のちに重度で持続的になる可能性があります。動くと痛みが悪化し、周辺の軟部組織が腫れる可能性があります。
  • 関節の腫れおよびこわばり。関節の周囲または内部の腫瘍によって関節が腫れ、圧痛またはこわばりが生じる可能性があります。これによって動きが制限されたり、痛みが生じたりします。
  • 跛行(はこう:引きずり足歩行)。腫瘍がある骨は骨折する可能性があり、緊急治療につながります。腫瘍と診断されずに、単純な骨折として治療が行われた場合には、跛行が顕著になったり、さらに骨折を引き起こしたりする可能性があります。
  • まれに、悪性骨腫瘍患者は、発熱、全身の体調不良、体重減少、貧血(赤血球数の低下)などの症状がある場合があります。

骨の肉腫は、臨床医、放射線科医、病理医が悪性であると認識するのが困難なことが多いです。疑いがある場合でも、経験が不足していると単純X線上の腫瘍が見つけられない可能性があります。そのため、原発性悪性骨腫瘍が疑われる患者はすべて、生検を行う前に、骨の肉腫専門ネットワークに属する骨の肉腫の専門施設または機関に紹介されるべきです。このような腫瘍の治療を通常行っていない外科医は生検を行うべきではありません。

 

 

We couldn't do this without precious help:

A special thanks goes to the Japan Association of Medical Translation for Cancer (JAMT) 'No Barriers in Cancer Care' for the translation and Dr. Makoto Endo, National Cancer Center Hospital Tokyo, Japan for medical proofreading.